近年工場・倉庫で使用される建物では、システム建築を採用する事が多くあります。

システム建築とは、計画から施工までの全てのシステム化した建築方法です。

規格化された工法を用いることで、在来工法より安く、早く建てる事が可能です。

システム建築の対応しているメーカーは複数社おり、各メーカー事にメリット・デメリットがあります。

数多くのシステム建築の設計の経験がある弊社では、各メーカー事の特徴を把握しており、

お客様の要望に応じた規模等により最適なシステム建築を採用致します。

また、システム建築の他、在来鉄骨造・木造での工場・倉庫の経験も豊富のため、様々な提案ができます。

実例

T社工場

N社システム建築を採用(平屋専用規格型システム建築)

特徴:

工場・倉庫を得意とした平屋専用規格型システム建築から事務所・店舗等まで幅を広げた自由設計型(2Fまで)のシステム建築がある。

基礎から鉄骨・屋根外装までシステム化されている。 外壁材に関しては、システム化された部材以外の物も採用でき、自由度が高い。

鉄骨は独自のフレームで構成され、型枠工・鉄筋工が不要な基礎システムとされているため工期が短い

K社酒造工場

N社システム建築を採用(自由設計型システム建築)

外壁材は、システム化された部材以外の材料を採用し意匠性を持たせた

 

N社工場

Y社システム建築を採用

特徴:

大スパンの低層建築に対応 工場・倉庫等を得意とする。

鉄骨は変断面BH材で構成され、接合部・外装・屋根までシステム化され工期が短い

 

T社工場

Y社システム建築を採用

 

N社工場

Y社システム建築を採用

 

その他実績

S社植物工場

NB社プレハブ建築を採用

特徴:

軽量鉄骨造となっており最大スパンは10m程度

小規模の倉庫・工場であれば重量鉄骨造のシステム建築より低コストとする事ができる。大スパンでは多数制約がある。

 

K社倉庫 etc…